Cyclists Safety Association

停止するとき、最初に着く足はどちら?

停止するとき、最初に着く足はどちら?

モーターサイクルでは、停止するとき最初に着く足は左足

停止するとは、走行状態から完全に停止し、停止状態で車体を支えていることをいいます。
観察していて、何故だろうと思い聞いてみたところ、モーターサイクルは右足でリアブレーキを操作し、左足でシフトチェンジの操作を行う構造がほとんどを占めるので、教習所や試験場で必要な実技審査でも、減速から停車にかけては右足でブレーキ操作をし、地面には左足を着くことを推奨しているそうです。
こうした理由から、「左足を着く」のは、とても理にかなった動作であり、方法だと納得しました。

私が観察している限りでは、実際に多くのライダーが走行中に停車をする際、左足を着いて停止する確率が高いです。
それほど、教習や試験で推奨されていることが浸透しているという事なのだと思います。

右足を着く人は?

それでも右足を着く人にはどういった理由があるのでしょう?
と思い、再び聞いてみました。
身長が低い人や、体力に対してモーターサイクルが大きく、重量があると感じる人は、停車から発進する時に、足を踏みかえる必要性があり、その時に不安定になるのが嫌だったり、不安定さを避けるために、「右足を着く」人もいるそうです。これには両足を着くも含まれるそうです。
また、道路の傾斜は右が高く、側溝側(左)が低くなっているので、足つきが悪いバイクに乗っている人は、片足しか地面につけられない。
こうした理由で右足を着く人もいるようです。
しかし、停車時に右足を着いて止まっていたために、発進時に自分のギリギリを後方から通過していった自動車に右足を踏まれて、大怪我を負ったケースもあるそうです。

自転車でも、停止するとき最初に着く足は左足?

自転車はどうでしょう?
こちらもきちんとアンケート調査したわけではないので、客観的に観察した大まかな数値と、私見に過ぎませんが、自転車の場合圧倒的に左足を着いています。

次に多く見受けられるのが両足。
ママチャリなどシティ車は、またがってハンドルを持ったときに両足先が軽く地面に届き、上体が少し前に傾くくらいに調整することが推奨されています。
次いで、停止と同時もしくは停止直前に自転車から降りて停止する。
ロードレーサーの場合は、このパターンも多いと思います。

皆さんも稀にバランスをとりながら、「足をつかない」人も見かけたことがあると思います。
驚異のバランス力とも言えますが、「自転車で一時停止するというのは完全に自転車を停止させて片足もしくは両足を地面につけること」ですので、交差点や一時停止線のある場所では注意が必要です。
自転車が一瞬止まったとしても足を地面につかなければ止まったことにはなりません。

停止時、「右足を着く」は危険?

このように、停止時に右足を着く人は極めて少ないのが実態ではないかと思います。
これも理にかなっているといえます。
理由1
右足をついている場合、身体が右側に傾いている状態ともいえますので、特に自転車専用通行帯がない場合は、車との接触等の危険性が高まります。
理由2
停止時だけでなく、転倒時のことも考えてみましょう。
自転車は主要パーツが全て右側についているので、右に転倒するとパーツの破損やダメージが大きい。だから、なるべく左側に転倒した方がベターなのです。
理由3
自転車やモーターサイクルは原則右側から追い抜いていきます。
なので、万が一の時はなるべく右側に転倒しないように心がけるべきなのです。
車との衝突や後続車にひかれるといった二次的な事故を防ぐことにもつながります。

こういった理由から、ある店舗では、必ず左足をついて停止することを習慣化するようお客さんに推奨しているそうです。安全に乗るために大事なことですね。

ブレーキのない車種

ブレーキのない自転車といえばピストですが、モーターサイクルにもブレーキなしがあるのです。
ルーツは自転車レースのオーバルコース。
基本的にゴールまで追い抜き、逃げ切ることが目的であること、加えて、楕円(オーバル)のコースは複雑なコーナリングが必要ではないので減速するのにブレーキを必要としないのです。

危険な点から言えば、ピストの場合、こぎ続けないとスピードを維持出来ないし、かといってクランクを突然止めるのも不可能。
結果的にクランクを回す力を緩めるとなだらかに減速する。これは全員が同じ条件なので追突事故が起こりにくい。
しかし、ブレーキを着けると、ブレーキの性能や、かけ方で減速幅は大きくなる。ブレーキ性能によって減速幅に個人差が生まれ、追突事故の可能性は高まるということだそうです。
ツール・ド・フランスを見てもわかるように、ブレーキはあくまでも下りやコーナリングのための減速装置であり、停止装置ではないということです。

しかし、目の前で転倒や落車が起きると、後続はパニックブレーキをかける。
すると、この連鎖が起きるので、スピード差に対応出来ずに多重クラッシュに発展する。
こうした理由から楕円コースのトラックレースやレーサーにはブレーキがついていないそうです。
公営のオートレースのモーターサイクルにブレーキがないのも同様の理由なのでしょうね。

このように、現在の自転車やモーターサイクルの構造や、ルールは、もともと競技のルールから派生して現在に至っていることが分かります。
レースは全て左回りなので、転倒したとしても左側。
自転車のコンポーネントがなぜ全て右側についているか?
に対する回答も、レースの原理・原則からきていたんですね。

知っているようで知らないルール

原則的にブレーキなしの車種は、自転車もモーターサイクルもレース専用。
公道でのピスト自転車等(ブレーキなし、および前後いずれかのみブレーキあり)の利用は、道路交通法上、違反となります。
競技用BMXでもブレーキの無い車両の公道利用は違反です。
後輪にブレーキのないBMXで都内を走行中に交通切符を切られた例もあります。
道路交通法では、10km/h で走行中3メートル以内で必ず停止できるブレーキを前後輪に備えるよう規定されています。
例えブレーキを前後に装備していても、定められた停止機能を果たさないと違反になるのです。

ここではっきりすることは、レースにおいて減速装置としての役割を果たしているブレーキは、公道においては停止装置と定義されていることです。
一般的にブレーキは、ブレーキとだけ認識されていて減速装置とも停止装置とも認識されているようには思えません。

モーターサイクルでは、競技専用車両は公道利用が許可されていません。
保安部品の有無、各種証明・登録書類等で公道走行の可否が明確化されています。
これに対して自転車はどうでしょうか。
免許制度やナンバープレートもなければ、競技専用だと見てすぐわかる基準もありません。
街でよく見かけるようになったロードバイクも、モノによっては競技専用(レース専用スペック)では?と思われるものも多数存在しています。
ビンディングも原則的には、スピードを出し停止する前提のないレースや、ヒルクライム、ロングライドでの疲労軽減等のために使用するものです。
信号などで頻繁に停止する必要性のある街乗りや、都心部への通勤におけるビンディングの使用は、見直すべきことともいえるのです。
交差点等でビンディングをはずさずに、バランスをとっているサイクリストも見かけますが、片足も着かない状態は停止とみなされないので、一時停止の道路標識がある場所で、ビンディングをはずさなかったら、一時停止違反となります。
また、歩道での使用は常識外です。
原則的に歩行者や交通弱者優先のルールがあり、万が一の事故の時は弱者保護の観点で判断されます。歩道で急な停止を余技されなくなるケースは多いのが現実です。急停止が必要な事態にビンディングが外れず歩行者に倒れかかる。倒れかかった拍子に自分が被っているヘルメットが歩行者の頭部に直撃する。 レーサーシューズで歩行者の足を踏んでしまう。どれも現実に起こっている事故のケースです。
歩行者に対して自分が自転車を運転していること、さらにその自転車が通常よりスピードのでるものや、レーサーに分類されるタイプである場合はより注意が必要なのです。

明確なルールとして周知されていないことでも、車種・パーツの機能や特性を考えると安全性にかけるということが往々にして存在しています。
一般的に公道走行するときは、交通ルールはもちろん、適正なスピードか?ということや、
自身の自転車が、そもそも何のための車種なのか?何のためのパーツなのか?
を考える必要があるのではないでしょうか。

免許制度がなく、大人になってから乗り方を学んだり講習を受ける機会がない乗り物である自転車は、基礎的な知識やルールの重要性が軽視されがちです。個々人に委ねていては、現状のルール無視やモラル低下は加速するばかりだと予想されます。
販売店や行政の取り組みを積極的に進めていく必要があると思いますし、CSAとしても取り組んでいきたいと思います。

二輪車利用時の注意点

・停止するときは、左足、または両足を着く習慣をつけましょう。
・ブレーキとは、制動(減速および停止)装置です。
適切に減速するか、停止するかを定期的にチェックしましょう。
制動にはタイヤの性能も大きく影響します。タイヤの溝がすり減っている、劣化してヒビがある、空気圧が足りない(または空気の入れすぎ)、といった状態だと安全に停止できません。制動距離が大幅に長くなってしまうのです。
ブレーキをかけるとスリップする恐れもあります。
<タイヤ交換による制動距離の違いについては、制動距離テストをご参照ください。>
 
危険な行為
・車道で右寄りに傾いて停車すること
・車道に大きくはみ出して走行すること(車道の左側部分、左端に寄って走行が原則)
・歩道でスピード(※)を出して歩道を走行すること
・歩道でビンディングをつけて街中を走行すること
 
違反行為
・ブレーキなし、または、前後いずれかしかブレーキを装備していないこと
・ブレーキが制動距離の基準を満たしていないこと 参照
・信号、踏切、一時停止の道路標識があるところで一時停止しないこと(片足または両足を地面につかないこと)

※自転車が通行可能な歩行者用道路では、自転車は車道寄りを必ず徐行しなければなりません。道路交通法では、徐行とは車両等が直ちに停止することができるような速度で進行することをいいます。目安となる速度は、一般には10km/h以下といわれていますが、歩行者の通行する歩道では自転車は特別な注意義務を負うことから、広く閑散とした歩道でも8km/h以下、狭い歩道や交通の多い歩道では4km/h以下ともいわれています。

ツールバーへスキップ